雲上の青天

窓から空を見上げた時、


雲がかかっていますか?


それとも雨が降っていますか?

心の窓をひらいて、外をのぞいたときに、


湿気が入ってきましたか?


それとも雨粒に濡れましたか?


思い出してみてください。


飛行機に乗った時、窓際の席から覗き込んで、


「今日は雨だな」と思ったことはありませんか?



着陸の時、「今日はここは雨天か」と。


離陸の時、「向こうは止んでいるかな」と。

雨降りだと湿気があります。


じめじめしていやな気分です。


それは心の中でも、同じです。



湿気を取りたいとき、一番簡単な方法はなんでしょう?


ここで考えてみてください。

その時思い出されたもの。


それはあなたをつくるうえでの原動力となることでしょう。



好きなことだったり、好きな人だったり、


自分の夢だったり、自分の希望だったり。



心の雲を取り払ってくれる、心の雨を涸らしてくれる、


それを大切にしていってください。

その方法で培う、心の安定。


その「精神安定薬」はあなたを生涯、支え続けることになるでしょう。


それを教えてくれた人、自分が落ち着ける方法を教えてくれた人。


全員に「ありがとう」を言えた時、また成長するのかもしれません。


「おとなの階段」とかいうものかもしれません。

あなたのみらいは、先の見えない「らせん階段」かもしれません。


いくら回っても、まわっても、ぐるぐる。ぐるぐる。



「同じことしかしていないじゃないか」


あなたはあるとき、そう思うかもしれません。



「この先には暗いことしかないんじゃないか」


疑いという名の怪物が、あなたを確実に支配します。

この画像を見てください。


真っ黒な空の中、照らす月があります。


そのときのあなたを支えるのは、あなたの気力です。


気力を支えるのは、好きなものやこと、人などです。



大切にしましょう。


自分はこの世界に、ただ一人しか存在しないのです。


もう一人「自分」がいることなどありえないのです。

長くなりましたが、あなたは大切な、かけがえのない存在です。


どんなことがあろうとも、あなたを見放さない人は必ずいます。


可能性を、夢を、希望を、そして自分自身を、


信じることから始まります。


あなたの輝く、未来が。

最後に、わたしがつくった動画をアップします。


あなたへの「ことば」。